コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有賀長伯 ありが(あるが) ちょうはく

8件 の用語解説(有賀長伯の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

有賀長伯

江戸中期の国学者・歌学者。京都生。名は以敬斎・無曲斎・六喩。住吉の平間長雅に入門。二条派の家風に優れ、有賀家の七部書を公刊した。元文2年(1737)没、77才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ありが‐ちょうはく〔‐チヤウハク〕【有賀長伯】

[1661~1737]江戸中期の歌人。京都の人。主著は歌の手引書「和歌世世の栞(しおり)」。

あるが‐ちょうはく〔‐チヤウハク〕【有賀長伯】

ありがちょうはく(有賀長伯)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有賀長伯 あるが-ちょうはく

1661-1737 江戸時代前期-中期の国学者,歌人。
寛文元年生まれ。有賀長因の父。京都の人。生家は医家。平間長雅(ひらま-ちょうが)に歌道をまなぶ。二条派の歌風をつたえ,「初学和歌式」「和歌八重垣」など有賀家の七部書といわれる入門書をあらわす。元文2年6月2日死去。77歳。号は以敬斎,無曲軒,六喩。歌文集に「秋葉愚草」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

有賀長伯

没年:元文2.6.2(1737.6.29)
生年:寛文1(1661)
江戸前期から中期の歌人,歌学者。号以敬斎ほか。京の人。望月長孝,平間長雅の学統を継承して,江戸時代前期の二条家歌学の普及に貢献した。それは多くの歌学伝書の存在で裏付けられるが,長伯の功績は,むしろ『歌枕秋の寝覚』『初学和歌式』『浜のまさご』などの実用的歌学書を次々と公刊して初心者の詠歌活動に多大の便宜を与えた点に求められる。これらは江戸時代を通じて何度も版を重ね,大いに活用された。<参考文献>上野洋三「有賀長伯の出版活動」(『近世文芸』27・28号),日下幸男「有賀長伯年譜稿」(『学大国文』29号)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あるがちょうはく【有賀長伯】

1661‐1737(寛文1‐元文2)
江戸中期の歌人。京都の人で,晩年,大坂に住む。以敬斎また無曲軒と号した。松永貞徳の流れをくむ平間長雅に従学して歌を学ぶ。のち堂上家直伝の歌学をもって家学とし,京坂における地下(じげ)歌壇興隆の先駆けとなる。有賀家の七部書と称される《和歌八重垣》《歌枕秋の寝覚》《和歌麓の塵》等の入門書を数多く公刊し,歌道の大衆化に大きな役割を果たした。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あるがちょうはく【有賀長伯】

1661~1737) 江戸中期の歌人・歌学者。京都の人。啓蒙けいもう的な歌学書を数多く著す。著「浜の真砂」「和歌八重垣」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有賀長伯
ありがちょうはく

[生]寛文1(1661).京都
[没]元文2(1737).6.2. 京都
江戸時代中期の歌人。号,以敬斎,無曲斎,六喩。国学者平間長雅の門人で,『和歌八重垣』 (1700) ,『和歌麓の塵』の著書があり,歌集として『長伯集』 (『秋葉愚草』) がある。和歌の普及に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone