コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有限責任中間法人カメラ映像機器工業会 ゆうげんせきにんちゅうかんほうじんかめらえいぞうききこうぎょうかい

1件 の用語解説(有限責任中間法人カメラ映像機器工業会の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

有限責任中間法人カメラ映像機器工業会

2002年に、銀塩カメラとデジタルカメラ、およびこれに付随する周辺機器ソフトウェアの開発/製造/販売に関して、環境問題や製品の相互互換性への対策、適切で公正な市場競争の確保などを目的として設立された産業団体。それまでは各社が独自に行なっていたバッテリー駆動時間に関するテスト方法や、撮像素子スペック表示などについて、購入希望者が比較検討しやすいように統一ルールを策定/普及させるなどの活動を行なっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有限責任中間法人カメラ映像機器工業会の関連キーワード銀塩カメラDVカメラデジカメFour Thirds System銀塩コンパクトデジタルカメラスチールカメラデジタル一眼レフカメラフィルムカメラデジタル対応レンズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone