コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部担風 はっとり たんぷう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部担風 はっとり-たんぷう

1867-1964 明治-昭和時代の漢詩人。
慶応3年11月16日生まれ。早くから詩はもとより書画にもすぐれた。森春濤(しゅんとう)・槐南(かいなん)父子にまなび,詩は清(しん)朝風を重んじた。昭和28年芸術院賞。昭和39年5月27日死去。96歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は轍。字(あざな)は子雲。通称は粂之丞。作品に「担風詩集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

服部担風の関連キーワード稲垣錦荘昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android