コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望夫石 ボウフセキ

デジタル大辞泉の解説

ぼうふ‐せき〔バウフ‐〕【望夫石】

中国、湖北省武昌の北の山の上にある岩。昔、貞女が戦争に出かける夫をこの山上で見送り、そのまま岩になったと伝える。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうふせき【望夫石】

中国、湖北省武昌の北山の上にある石。貞女が、出征する夫を見送ったまま石に化したものと伝える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の望夫石の言及

【呼子[町]】より

…玄武岩性の上場(うわば)台地末端の入江にある呼子港は,北面に浮かぶ加部島が防波堤の役割をなす天然の良港である。古来,大陸への海上交通の要地で,加部島は,任那(みまな)に渡る大伴狭手彦(おおとものさでひこ)のあとを追った松浦佐用姫(まつらさよひめ)が石に化したという望夫石(ぼうふせき)の伝説の地である。近世には捕鯨基地,廻船の停泊地としてにぎわい,小川島の捕鯨は唐津藩の保護をうけて栄え,鯨を見張る山見小屋や鯨の供養塔などが残る。…

※「望夫石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

望夫石の関連キーワード星野 夕影呼子[町]加部島

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android