望月の駒(読み)もちづきのこま

精選版 日本国語大辞典の解説

もちづき【望月】 の 駒(こま)

中古以降、毎年陰暦八月の望月の頃に、諸国から献上した馬。→駒牽(こまひき)。《季・秋》
※兼盛集(990頃)「あしびきの山ぢ遠くやみえつらんひたかく見ゆるもちづきのこま」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もちづき‐の‐こま【望月の駒】

平安時代以降、毎年陰暦8月の望月のころ、諸国から献上した馬。
「あふさかの関の清水に影見えて今やひくらむ―」〈拾遺・秋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android