望月新一(読み)もちづきしんいち

知恵蔵miniの解説

日本の数学者、京都大学数理解析研究所教授。1969年3月29日生まれ、東京都出身。88年、16歳にして米国のプリンストン大学に入学、19歳で卒業すると、92年には22歳で同大学にてPh.D.(博士水準の学士号)を取得。同年、京都大学数理解析研究所助手に就任し、96年、同研究所助教授に就任。翌年には、日本数学界において最も権威ある賞の1つ「秋季賞」を受賞。2002年に現職就任(32歳)。05年には、若手科学者を対象とした国民的な賞「日本学術振興会賞」を受賞し、同年、日本の学術界で最も権威ある賞とされる「日本学士院学術奨励賞」を受賞。12年8月30日(43歳)、約10年に及ぶ研究の後に、「ABC予想」と呼ばれる数学の整数に関する極めて重要な未解決難問を証明する、500ページに及ぶ論文をインターネット上に公開。論文が長大であることと、新たな数学的手法を開発・駆使して証明を展開しているため、正誤判定には何年もかかる見通しだが、欧米のメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と伝えている。

(2012-09-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

望月新一の関連情報