望月毅軒(読み)もちづき きけん

  • 望月毅軒 もちづき-きけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1818-1878 江戸後期-明治時代の儒者。
文政元年生まれ。昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。京都町奉行浅野長祚(ながよし)につかえ,元治(げんじ)元年(1864)幕府儒官となる。維新後は修史局地誌課につとめた。明治11年11月25日死去。61歳。江戸出身。本姓京極。名は。字(あざな)は孟玉。通称は万一郎。著作に「皇統譜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android