コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望気 ボウキ

2件 の用語解説(望気の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐き〔バウ‐〕【望気】

雲気を見て吉凶を占うこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の望気の言及

【観天望気】より

…天気の変りを予測するため,空の状況を観察すること。雲や風,暈(かさ),虹,視程などの光象が主な観察対象である。昔はこの方法によって天気を予測していた。今では科学的な技術が進み,重要性はうすれたが,短時間の予測には有効なこともある。太陽や月に暈がかかると雨,レンズ雲は強い風の前兆,夕焼けは晴れ,煙がまっすぐ上がると晴れ,横にたなびくと雨,などはその例である。天気俚諺【高橋 浩一郎】…

※「望気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

望気の関連情報