コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲気 ウンキ

デジタル大辞泉の解説

うん‐き【雲気】

雲。また、雲の動き。
空中に立ち上る異様の気。昔、天文家や兵術家が天候・吉凶などを判断する根拠にしたもの。
「―を考えて見るにそんな事ではないかと思う」〈福沢福翁自伝
歌舞伎で、舞台の上からつりあげ立ち上る雲を表す作り物。また、それに伴う、すごみを帯びた囃子(はやし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんき【雲気】

雲。また、雲のように立ち上る気。 「さきて見給へば、一の剣あり。その上に-ありければ、天の叢雲の剣と名づく/正統記 神代
歌舞伎の大道具の一。雲の形を切り抜いたもので、舞台上部からつり下げ怪異や霊威などに伴って生ずる超自然的な雲を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雲気の関連キーワードシーリングバルーンISCCP平田道仁通機図解満城漢墓天叢雲剣神仙思想神仙説米友仁香炉峰大道具雲気文叢雲兵学神代神気空中吉凶理気蚩尤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android