雲気(読み)ウンキ

デジタル大辞泉の解説

うん‐き【雲気】

雲。また、雲の動き。
空中に立ち上る異様の気。昔、天文家や兵術家が天候・吉凶などを判断する根拠にしたもの。
「―を考えて見るにそんな事ではないかと思う」〈福沢福翁自伝
歌舞伎で、舞台の上からつりあげ立ち上る雲を表す作り物。また、それに伴う、すごみを帯びた囃子(はやし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんき【雲気】

雲。また、雲のように立ち上る気。 「さきて見給へば、一の剣あり。その上に-ありければ、天の叢雲の剣と名づく/正統記 神代
歌舞伎の大道具の一。雲の形を切り抜いたもので、舞台上部からつり下げ怪異や霊威などに伴って生ずる超自然的な雲を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うん‐き【雲気】

〘名〙 (「うんぎ」とも)
① 雲。また、雲状のもの。
※文華秀麗集(818)上・江頭春暁〈嵯峨天皇〉「雲気湿衣知岫、泉声驚寝覚渓」 〔荘子‐逍遙遊〕
② 地上の事柄を反映して立ちのぼる異様な気。天文、兵法に携わる者には、形、色などが見え、天候、吉凶などを示すものとした。
※日本後紀‐弘仁二年(811)七月丁未「大極殿龍尾道上有雲気。状如烟」
③ 歌舞伎で、雲の形や感じを出すこと。また、そのために使うもの。
(イ) 雲の形に作った大道具。舞台の上からつって、名、勇士、謀反人などの隠れ場所から立ちのぼらせる。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)四立「大どろどろにて赤色の雲気立つ」
(ロ) すごみを出すために下座の音楽を弱く静かに陰気な感じで鳴らす囃子(はやし)
※楽屋図会拾遺(1802)下「囃子方、〈略〉すごき合方 雲気 きっとしたる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android