コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観天望気 かんてんぼうき

5件 の用語解説(観天望気の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観天望気
かんてんぼうき

空模様や生物の行動から狭い地域の天気を予想する方法。偏西風帯の天気変化は東進し,高気圧や低気圧の通過に伴う雲の変化には規則性があるため,それらを経験的にとらえ,天気の予測に利用したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんてん‐ぼうき〔クワンテンバウキ〕【観天望気】

雲や風の動きなどを観察して、経験をもとに天気を予想すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

観天望気【かんてんぼうき】

古来行われた天候予知の方法。天上の星の様子をみ,大気の動きをみて天気を予報する法。観天の法のほとんどは意味がないが,望気の法の中には気象学的にも意味のあるものが多く含まれ,天気俚諺(りげん)として伝承されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんてんぼうき【観天望気】

天気の変りを予測するため,空の状況を観察すること。雲や風,暈(かさ),虹,視程などの光象が主な観察対象である。昔はこの方法によって天気を予測していた。今では科学的な技術が進み,重要性はうすれたが,短時間の予測には有効なこともある。太陽や月に暈がかかると雨,レンズ雲は強い風の前兆,夕焼けは晴れ,煙がまっすぐ上がると晴れ,横にたなびくと雨,などはその例である。天気俚諺高橋 浩一郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんてんぼうき【観天望気】

雲や風や空の色などを目で観察して、経験的に天気を予想すること。「朝焼けは雨」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観天望気の関連キーワード観察調査観測高層天気図天気予報観測気球先読み読筋CFORS拡散の公式(環境汚染)ソーラーリターン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観天望気の関連情報