コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼうfull moon

翻訳|full moon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぼう
full moon

にある月。地球に向いた半面全体が太陽に照されて輝き,光度は-12.6等となる。いわゆる満月のことで, (新月) に対する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう〔バウ〕【望】

地球が太陽と月との間にあり、月と太陽の黄経の差が180度になる時。また、その時の月。満月。また、陰暦の15日。

ぼう【望】[漢字項目]

[音]ボウ(バウ)(漢) モウ(マウ)(呉) [訓]のぞむ もち
学習漢字]4年
〈ボウ〉
遠方を見渡す。「望遠望郷望見望楼一望遠望観望仰望眺望展望
まちのぞむ。願う。のぞみ。「望外渇望願望希望志望失望嘱望切望絶望羨望(せんぼう)待望熱望野望有望要望欲望
人々に期待されること。よい評判。名声。「威望才望衆望信望人望声望徳望名望
満月。「望月(ぼうげつ)望日既望
〈モウ〉のぞむ。のぞみ。「懇望所望大望本望
[名のり]のぞみ・まどか・み
[難読]望月(もちづき)

もち【望】

陰暦十五夜の月。満月。もちづき。
陰暦で、月の15日。もちの日。
「富士の嶺に降り置く雪は六月(みなづき)の―に消(け)ぬれば」〈・三二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼう【望】

月と太陽との視黄経の差が180度になること、またはその時刻。満月。 ↔ さく
陰暦15日の異名。

もち【望】

もちづき。満月。
陰暦で、月の15日。望もちの日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【朔望月】より

…太陽に対して月が天球を一周する時間で,29.530589日。太陽と月の黄経の差が0度のときを朔といい,180度のときを望という。ある朔から次の朔まで(あるいはある望から次の望まで)を朔望月という。…

【衝】より

…したがって,衝のころは惑星の表面の観測や暗い小惑星の位置観測の好機である。なお,満月は月の衝にあたり,これを〈望〉という。【湯浅 学】。…

【満月】より

…月と太陽の視黄経の差が180゜となる瞬時,すなわち望のこと,またそのときの月をいう。月と太陽は地球を中にほぼ反対側にある(正反対のときは月食)。…

※「望」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

望の関連キーワード野村望東尼(のむらぼうとうに)長崎県南島原市南有馬町丙林望のイギリス観察辞典秋田県男鹿市戸賀浜塩谷秋田県男鹿市戸賀塩浜石川県金沢市末広町イギリスはおいしいTAKENOKO長崎県島原市城内望粥・餅粥・餠粥エスペランサ杉木光貞妻野村望東尼荒瀬ゆり子インド航路楫取素彦杉木正友梅田雲浜浅沼宗貞県庁の星

望の関連情報