コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉氏遺跡 あさくらしいせき

大辞林 第三版の解説

あさくらしいせき【朝倉氏遺跡】

福井県福井市城戸ノ内町にある戦国時代の居館・城下町の遺跡。戦国大名朝倉氏の館・庭園・武家屋敷・寺院が発見され、史跡整備されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝倉氏遺跡
あさくらしいせき

福井市城戸ノ内(きどのうち)町に所在する中世城下町跡。一乗谷館(いちじょうだにやかた)跡などともいう。戦国時代に越前(えちぜん)国主であった朝倉氏の本拠地で、1471年(文明3)から1573年(天正1)まで存続した。遺跡は南北に細長い谷間とその両側の山地に立地し、山地には山城(やまじろ)、櫓(やぐら)、砦(とりで)などの防御施設が築かれ、南北二条の土塁によって区画された平地内(城戸内)には城主の居館、侍屋敷、町屋、寺院などの日常生活施設が密集して設けられている。1967年(昭和42)からの福井県教育委員会による継続的な発掘調査によって、戦国武将の住居形態や日常生活形態などがしだいに明らかになってきているが、最大の成果は計画道路の両側に整然と配置されていた町並みの発見であろう。戦国期における城下町の形態が初めて明らかにされた点で、この遺跡は重要な学問的価値を有する。遺跡の保存状態もまれにみる良好なものであり、1972年、300ヘクタールの広域面積が特別史跡に指定された。[河原純之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

朝倉氏遺跡の関連キーワード福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館福井県福井市城戸ノ内町福井県福井市安波賀町一乗谷朝倉氏遺跡勝尾城筑紫氏遺跡朝倉ゆめまる福井県福井市福井(県)一乗谷館跡一乗谷城跡福井(市)武家屋敷一乗谷城福井市一乗谷朝倉氏一乗滝足羽福井

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝倉氏遺跡の関連情報