町屋(読み)まちや

日本大百科全書(ニッポニカ)「町屋」の解説

町屋
まちや

民家のうちで、町に建つ商家および職人の住まい。商家には、商売のための店や施設をもつ商店、湯屋、旅籠(はたご)屋、料理屋、遊廓(ゆうかく)のほか、大家のようにとくに職業をもっていない人たちの住まいなどがあり、職人の住まいは、その中に仕事場をもつものが多い。

 敷地は間口が狭く、奥行が深いのが普通である。間口3間(1間は約1.8メートル)から5間、奥行10間から20間くらいの短冊形が多い。この敷地の形状は、日本だけでなく西欧においても同じである。繁華な通りに多くの商家がひしめき合うことから生まれたもので、西欧ではこれに加えて、城壁を短くする必要上密集するようになった。

 町屋の姿が明らかになるのは、平安末期の『年中行事絵巻』に描かれたの町屋が最初である。平屋で板葺(ぶ)きの切妻屋根に対して平入(ひらいり)としている。奥行2間の母屋(おもや)の前後に庇(ひさし)を差しかけて、表の庇の部分を店としている。道に面した表は、一方に寄せて入口を設け、入口の中は裏まで抜ける土間の通り庭である。この形式は基本的には近世まで受け継がれる。通り庭に面した3室は、商家では表に面した部分を店、職人の住居では仕事場とする。中の部屋は通り庭との間に間仕切をつくらず、いろりを切ることもあり、食事などの場所である。奥の部屋は居室であった。室町時代の京を描いた『洛中(らくちゅう)洛外図屏風(びょうぶ)』を見ると、二階屋ができてきたことがわかる。表側を低く抑えて物置などとし、部屋は裏のほうにつくられた。近世には3階も現れる。遊廓では、2階が商売用の座敷であるところから、表側にもの高い二階座敷がつくられた。

 屋根を平入とするのが一般的であるが、地域によって表に面する屋根が妻入(つまいり)のこともある。日本では雲州平田(島根県出雲(いずも)市平田町)などの例がある。

[平井 聖]

『野口徹著『中世京都の町屋』(1988・東京大学出版会)』『神崎順一写真、新谷昭夫文『京町家』(1998・光村推古書院)』『平井聖監修『図説江戸3 町屋と町人の暮らし』(2000・学習研究社)』『伊藤毅著『日本史リブレット35 町屋と町並み』(2007・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

家とインテリアの用語がわかる辞典「町屋」の解説

まちや【町屋/町家】

町にある家。特に、商家。道に面して並ぶ、間口が狭くて奥行きが長いものが代表的。京の町屋は(そで)壁を屋根より高くして小屋根をつけた卯建(うだつ)を備えたもの、江戸では厚い土壁を用いる土蔵造りが普及した。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android