コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝尊 ともたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝尊 ともたか

1805-1865 江戸時代後期の刀工。
文化2年生まれ。土佐(高知県)の人。京都で金道(きんみち)に,江戸で正秀(まさひで)にまなぶ。天保(てんぽう)年間江戸の湯島天神のそばにすみ,刀剣を製作。晩年は京都ですごした。銘は「南海太郎朝尊」など。慶応元年4月7日死去。61歳。姓は森岡。通称は友之助。著作に「刀剣五行之論」など。

朝尊 ちょうそん

ともたか

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝尊の関連キーワード禁闕の変尊卑分脈たか