コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝岡興禎 あさおか おきさだ

2件 の用語解説(朝岡興禎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝岡興禎 あさおか-おきさだ

1800-1856 江戸時代後期の画家,美術史家。
寛政12年生まれ。狩野伊川(いせん)の次男。江戸の人。文政3年幕臣朝岡興邦(おきくに)の養子となり,小納戸役,絵番掛をつとめる。日本画家伝「古画備考」をあらわした。安政3年4月27日死去。57歳。初名は信義。通称は三之助,三次郎。号は平洲,三楽。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

朝岡興禎

没年:安政3.4.27(1856.5.30)
生年:寛政12(1800)
江戸後期の画家。画家伝などに関する考証家。初名信義,号平洲。木挽町狩野家8代目伊川院栄信の次男。文政3(1820)年朝岡興邦の養子となり,天保4(1833)年家督を継ぐ。将軍徳川家慶の寵遇を受け,天保2年御小納戸,次いで御絵番掛となる。嘉永6(1853)年役を辞し,剃髪して三楽と号した。著書『古画備考』は,属目した古画類の落款や印章などの記録や貴重な古文書を多数載せ,明治以前の画家伝研究として今なお重要である。のちに太田謹がこれを増訂して明治37(1904)年刊行した。<参考文献>片野青邱『増訂古画備考』解題(同書首巻)

(仲町啓子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の朝岡興禎の言及

【古画備考】より

…江戸末期に朝岡興禎(おきさだ)(1800‐56)の著した日本画家伝。興禎は狩野栄信(ながのぶ)の次男。…

※「朝岡興禎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

朝岡興禎の関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛濃尾平野プロレスリング

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone