コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三之助 さんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三之助 さんのすけ

?-1765 江戸時代中期の漂流民。
三八の父。陸奥(むつ)佐井村(青森県)の多賀丸乗組員。延享元年遭難し,千島列島に漂着。カムチャツカ,オホーツク,ヤクーツクとうつり,イリムスクで日本語教師となる。宝暦11年イルクーツクの日本語学校にうつり,他の多賀丸漂流民と合流した。明和2年8月16日同地で死去。佐之助,左五兵衛ともいう。ロシア名はイワン=イワノビッチ=タタリノフ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三之助の関連キーワード宮城県大崎市鹿島台木間塚沢村 四郎五郎(4代目)結城 孫三郎(9代目)岩井 貴三郎(2代目)中村 芝雀(3代目)尾上 辰之助(初代)沢村四郎五郎(4代)市川団十郎(12世)中村芝雀(3代)国包(11代)竹田 三之助佐々木 素雲五月 藤江松川弁之助竹田扇之助佐々木素雲堂本 印象細田龍之介竹田三之助山県大弐

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三之助の関連情報