コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝見香城 あさみ こうじょう

美術人名辞典の解説

朝見香城

日本画家。兵庫県生。本名は寅次郎。はじめ画を森月城に学び、のち京都に出て西山翠嶂に師事し、花鳥画を能くする。その後名古屋に移り、文展帝展日展で入選を重ねる。中京美術院を設立し、後進の育成に尽力した。愛知県文化功労賞受賞。昭和49年(1974)歿、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝見香城 あさみ-こうじょう

1890-1974 大正-昭和時代の日本画家。
明治23年5月4日生まれ。京都で西山翠嶂(すいしょう)に師事。大正元年名古屋にうつり,4年文展で「陶器窯図」が初入選。帝展でも第2回の「雨に煙れる琴平」以降たびたび入選する。昭和3年中京美術院を設立。戦後は日展で「松林図」「洋犬図」などが入選。昭和49年8月29日死去。84歳。兵庫県出身。本名は寅次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝見香城の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android