コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝長晋亭 ともなが しんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝長晋亭 ともなが-しんてい

1800-1845* 江戸時代後期の儒者。
寛政12年生まれ。肥前大村藩(長崎県)の下級藩士の子。幼少で長崎安禅寺にはいる。のち江戸にでて朝川善庵(ぜんあん)にまなぶ。天保(てんぽう)元年藩校五教館(ごこうかん)の教官となり,7年から藩主大村純顕(すみあき)の侍講(じこう)をつとめた。弘化元年死去。45歳。名は自昭,直治(なおはる)。字(あざな)は徳臣。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝長晋亭の関連キーワード朝長直治儒者

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android