コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝長晋亭 ともなが しんてい

1件 の用語解説(朝長晋亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝長晋亭 ともなが-しんてい

1800-1845* 江戸時代後期の儒者。
寛政12年生まれ。肥前大村藩(長崎県)の下級藩士の子。幼少で長崎安禅寺にはいる。のち江戸にでて朝川善庵(ぜんあん)にまなぶ。天保(てんぽう)元年藩校五教館(ごこうかん)の教官となり,7年から藩主大村純顕(すみあき)の侍講(じこう)をつとめた。弘化元年死去。45歳。名は自昭,直治(なおはる)。字(あざな)は徳臣。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝長晋亭の関連キーワードインド哲学後藤三右衛門(2代)スタング(父子)八木美穂レフィスゾーンアテネーウム古画備考フライアメリカ音楽岩井半四郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone