コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝川善庵 あさかわ ぜんあん

2件 の用語解説(朝川善庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝川善庵 あさかわ-ぜんあん

1781-1849 江戸時代後期の儒者。
天明元年4月18日生まれ。片山兼山の子。朝川黙翁(もくおう)の養子。山本北山にまなぶ。肥前平戸藩(長崎県)藩主松浦静山らの大名にまねかれる。文化12年清(しん)(中国)の船が下田に漂着したとき,筆談した。詩をよくし,詩文集「楽我室遺稿」などがある。嘉永(かえい)2年2月7日死去。69歳。江戸出身。名は鼎。字(あざな)は五鼎。別号に学古塾。著作に「大学原本釈義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

朝川善庵

没年:嘉永2.2.7(1849.3.1)
生年:天明1.4.8(1781.5.1)
江戸後期の儒学者。名は鼎,字は五鼎,善庵は号。片山兼山の子,山本北山の門人で,江戸で私塾を営む。幼くして父を失い,母が再婚した医師朝川黙翁に養われた。34歳で養父と死別する際に始めて実父のことを知ったが,養父の恩を考えて朝川の姓を生涯名乗った。12歳のとき,折衷学者山本北山に入門し,その学才を高く評価された。博学で経義に詳しいことをもって全国に名を知られ,江戸で佐藤一斎と並ぶ名声を得た。津藩主藤堂氏や平戸藩主松浦氏から扶持を受けるなど,諸侯の門人も多数にのぼった。文化12(1815)年,伊豆に清国船が漂着した際,同所代官江川太郎左衛門の依頼で筆談に当たった。弘化3(1846)年「学問宜候段御聴に達し」たとして幕府から表彰され,将軍家慶に謁見を賜った。文集『楽我室遺稿』は『崇文叢書』に収められている。<参考文献>森銑三「朝川善庵」(森銑三著作集8巻),五弓久文編『事実文編』61巻

(梅澤秀夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝川善庵の関連キーワード中野龍田高橋波藍三宅錦川渡辺松臺松本龍澤越智高洲斎藤抱山岸田青城漢儒加藤善庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone