コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮の宗教 ちょうせんのしゅうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮の宗教
ちょうせんのしゅうきょう

古代朝鮮では,シャーマニズムやアニミズムが盛んであったが,三国時代に中国から儒教,仏教道教が伝播し宗教生活に大きな変革が起った。統一新羅と高句麗では仏教が国家の保護を受け,大いに発展し,また道教も土俗信仰や仏教に混入され盛んになった。しかし,儒教をもって国是とした李氏朝鮮では,仏教,道教はともに排斥された。 18世紀後半に中国を通じてカトリック (西学) が伝播したが,これに対抗して 19世紀に東学 (のちに天道教と改称) が現れた。東学は列強の侵略,特に日本のそれに反抗する民族宗教として盛んになった。 19世紀後半開国以後はプロテスタント諸派が伝播,また新興宗教も多数興った。日本の支配下では,各教団は民族運動の集結体として弾圧を受けたが,1945年解放後は自由になり,特にキリスト教と仏教が盛んである。 (→朝鮮のキリスト教 , 朝鮮の仏教 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝鮮の宗教の関連キーワード李商在崔済愚孫秉煕崔麟

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android