コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮独立同盟 ちょうせんどくりつどうめい

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんどくりつどうめい【朝鮮独立同盟】

太平洋戦争の時期に中国延安の解放区に拠点をおいて活動した朝鮮人共産主義者による抗日民族統一戦線組織。日中戦争下の1938年武漢で,抗日戦に参与すべく金元鳳らが朝鮮義勇隊を組織したが,武漢陥落後その中の共産主義的な部分は延安に移り,移動途上で41年1月組織した朝鮮青年連合会を42年7月朝鮮独立同盟に発展させた。金枓奉きんとほう),崔昌益(さいしようえき)らが指導者。傘下の軍事組織は41年7月朝鮮義勇軍に再編され,武亭,朴孝三の指導下に華北,華中戦線での対日本軍工作に従事し,日本軍から脱出した朝鮮人兵士を受け入れて勢力を増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝鮮独立同盟の関連キーワード朝鮮独立運動金【と】奉金とう奉金史良許貞淑金台俊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android