コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮独立同盟 ちょうせんどくりつどうめい

1件 の用語解説(朝鮮独立同盟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんどくりつどうめい【朝鮮独立同盟】

太平洋戦争の時期に中国延安の解放区に拠点をおいて活動した朝鮮人共産主義者による抗日民族統一戦線組織。日中戦争下の1938年武漢で,抗日戦に参与すべく金元鳳らが朝鮮義勇隊を組織したが,武漢陥落後その中の共産主義的な部分は延安に移り,移動途上で41年1月組織した朝鮮青年連合会を42年7月朝鮮独立同盟に発展させた。金枓奉(きんとほう),崔昌益(さいしようえき)らが指導者。傘下の軍事組織は41年7月朝鮮義勇軍に再編され,武亭,朴孝三の指導下に華北,華中戦線での対日本軍工作に従事し,日本軍から脱出した朝鮮人兵士を受け入れて勢力を増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝鮮独立同盟の関連キーワード近代大東亜戦争太平洋戦争大本営解放区十五年戦争終戦ミッドウェー太平洋戦争とキスカ島中野五郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone