朝鮮貨幣整理事業(読み)ちょうせんかへいせいりじぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんかへいせいりじぎょう【朝鮮貨幣整理事業】

1904年の第1次日韓協約にもとづき目賀田種太郎韓国財政顧問が行った新貨幣発行・旧貨幣回収事業。目賀田は典圜(てんえん)局閉鎖によって朝鮮独自の貨幣発行を禁ずる一方,日本の第一銀行韓国支店に中央銀行的役割を担わせ,国庫,発券業務を担当させた。1902年以来発行されていた第一銀行券を無制限法貨とし,日本貨幣の無碍(むげ)通用を認め,かつ同貨幣と同品位同量目の新貨を発行した。他方,05年7月から朝鮮在来貨幣である白銅貨の葉銭(常平通宝の通称)の回収を行った(〈貨幣〉の項の[朝鮮]参照)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android