コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮貨幣整理事業 ちょうせんかへいせいりじぎょう

1件 の用語解説(朝鮮貨幣整理事業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんかへいせいりじぎょう【朝鮮貨幣整理事業】

1904年の第1次日韓協約にもとづき目賀田種太郎韓国財政顧問が行った新貨幣発行・旧貨幣回収事業。目賀田は典圜(てんえん)局閉鎖によって朝鮮独自の貨幣発行を禁ずる一方,日本の第一銀行韓国支店に中央銀行的役割を担わせ,国庫,発券業務を担当させた。1902年以来発行されていた第一銀行券を無制限法貨とし,日本貨幣の無碍(むげ)通用を認め,かつ同貨幣と同品位同量目の新貨を発行した。他方,05年7月から朝鮮在来貨幣である白銅貨の葉銭(常平通宝の通称)の回収を行った(〈貨幣〉の項の[朝鮮]参照)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝鮮貨幣整理事業の関連キーワード林権助韓国統監府韓国併合日韓協約弟月統監府有責洪万植趙秉世林権助(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone