コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一銀行 だいいちぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第一銀行
だいいちぎんこう

日本最初の銀行である第一国立銀行が前身で,1873年国立銀行条例に基づき第一国立銀行として,渋沢栄一の指導のもと三井組と小野組の共同出資によって設立,一般銀行業務のほか第一国立銀行紙幣を発行し,公金出納事務も営んだ。 74年小野組破産のため動揺したが,渋沢を頭取として再建に成功。 96年普通銀行に改組し,第一銀行と改称。一方では海外にも進出し,上海支店,ホンコン支店を開設,78年の釜山支店の開設に続いて大韓帝国各地に営業所を設け,韓国政府にも貸付を実施,さらに第一銀行券を発行して 1909年韓国銀行 (1911年朝鮮銀行と改称) 設立まで中央銀行的役割を果した。また 43年には国家的要請によって三井銀行合併し帝国銀行となったが,48年分離して再び第一銀行となった。 64年朝日銀行を合併,69年には三菱銀行との合併問題が表面化したが実現にはいたらず,71年日本勧業銀行と対等合併し第一勧業銀行となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

第一銀行の関連キーワードみずほホールディングス[株]第一勧業銀行[株]朝鮮貨幣整理事業長谷川 重三郎加納 友之介長谷川重三郎佐々木勇之助富山第一銀行酒井 杏之助前田 健二郎前田健二郎黒川 武雄加納友之介岩崎 清七佐藤喜一郎志賀 直温市原 盛宏西村 好時酒井杏之助水野錬太郎

第一銀行の関連情報