コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木の丸殿 キノマルドノ

デジタル大辞泉の解説

きのまる‐どの【木の丸殿】

きのまろどの」に同じ。
「山の中なれば、かの―もかくやと」〈平家・八〉

きのまろ‐どの【木の丸殿】

丸太で造った粗末な殿舎。特に、福岡県朝倉市にあった斉明天皇の行宮(あんぐう)のこと。黒木の御所。きのまるどの。[歌枕]
「朝倉や―にわれ居(を)れば名のりをしつつ行くは誰(た)が子ぞ」〈新古今・雑中〉

このまろ‐どの【木の丸殿】

きのまろどの

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きのまろどの【木の丸殿】

荒削りの丸木のままで造った粗末な宮殿。特に、筑前国朝倉郡にあった斉明天皇の行宮あんぐう。黒木の御所。きのまるどの。このまろどの。⦅歌枕⦆ 「朝倉や-にわがをれば名のりをしつつ行くはたが子ぞ/新古今 雑中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木の丸殿の関連キーワード名乗り・名告り・名ノリ朝倉(福岡県)朝倉宮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android