コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木 くろぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒木
くろぎ

福岡県南部,八女市中南部の旧町域。矢部川の上流域,筑肥山地の北斜面に位置する。1889年町制。1954年豊岡村,串毛村,木屋村,笠原村の 4村と合体。1957年大淵村を編入。2010年八女市に編入。中心地区の黒木は 12世紀から黒木氏の城下町。江戸時代は柳川藩領となり,城も廃されたが,その後も矢部川の谷口集落として,また大分の鯛生鉱山に通じる街道沿いの市場町として発展。東部は山岳地帯で林業,製材,チャ(茶),たけのこ栽培,西部は平地で米作のほかカキ,ブドウ,クリ,ミカンなどの栽培が盛ん。猫尾城(黒木城)跡,樹齢 700年といわれる素盞鳴神社(すさのおじんじゃ)のフジ(国指定天然記念物),八女茶の発祥地といわれ奇岩で有名な霊巌寺,日向神峡(ひゅうがみきょう)と日向神ダムなどの観光地がある。一部は矢部川県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くろ‐き【黒木】

《「くろぎ」とも》
(古くは「赤木」に対して、のちには「白木」に対して)皮のついたままの丸太。
約30センチの長さに切った生木を、かまどで黒く蒸し焼きにして薪としたもの。京都の八瀬大原でつくられ市中を売り歩いた。
黒檀(こくたん)の別名。
「―の数珠(ずず)の小さう美しいをとりいだして」〈平家・一二〉

くろき【黒木】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「黒木」姓の人物
黒木和雄(くろきかずお)
黒木勘蔵(くろきかんぞう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

くろぎ【黒木】

福岡の米焼酎。矢部川源流の伏流水を用いて仕込む。原料は米、米麹。アルコール度数25%。麦焼酎芋焼酎もある。蔵元の「旭松酒造」は大正5年(1916)創業。清酒「旭松」の醸造元。所在地は八女市黒木町黒木。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

黒木(くろぎ)

福岡県、旭松酒造株式会社が製造する米、麦、芋焼酎の銘柄。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

くろき【黒木】

製材していない皮つきのままの丸木。 ↔ 赤木 「 -もち造れる室は/万葉集 1637
生木を蒸し焼きにして黒くいぶした薪。近世京都洛北の八瀬・大原などから市中へ売りに出た。
黒檀こくたんの異名。

くろき【黒木】

姓氏の一。

くろぎ【黒木】

福岡県南部、八女やめ郡の町。中世には黒木氏の城下町。農業・製材業が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒木
くろぎ

福岡県南部、八女(やめ)郡にあった旧町名(黒木町(まち))。現在は八女市の中央南部を占める地域。旧黒木町は、1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)豊岡(とよおか)、串毛(くしげ)、木屋(こや)、笠原(かさはら)の4村と合併。1957年大淵(おおぶち)村を編入。2010年(平成22)、立花(たちばな)町、矢部(やべ)村、星野(ほしの)村とともに八女市へ編入。南は熊本県と接する。石割(平野)岳(942メートル)、姫御前(ひめごぜん)岳(514メートル)などの筑肥(ちくひ)山地が広がり、古生層とそれを覆う溶岩台地よりなる。中央部を西流する矢部川と支流の笠原川が北西部に沖積地を形成。国道442号が通じる。中世は黒木氏の城下町として発達したが天正(てんしょう)年間(1573~1592)廃城。近世は谷口集落の商業地として栄えた。主産業は農業で、稲作のほか、茶、ミカン、ブドウ、カキ、タケノコ、ナスなどの生産が盛んで、とくにミカン栽培の発展が著しい。また杉材生産も盛んである。国指定天然記念物である黒木のフジ、八女茶の発祥地といわれる霊巌(れいがん)寺と境内の奇岩、日向神(ひゅうがみ)ダム、黒木城跡などがあり、矢部川県立自然公園に属する。[石黒正紀]
『『黒木町史』(1993・黒木町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒木 (クロキ)

植物。カキノキ科の常緑高木。コクタンの別称

黒木 (クロキ)

植物。ニシキギ科の常緑小高木,園芸植物,薬用植物。マサキの別称

黒木 (クロキ)

学名:Symplocos lucida
植物。ハイノキ科の常緑小高木

黒木 (クロギ)

植物。マツ科の常緑針葉高木,高山植物。シラビソの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の黒木の言及

【白木・黒木】より

…白木は現代では〈しらき〉と読んで,塗装されていない木材を指すが,古くは樹皮がついたままの木材を指す黒木に対比して,樹皮を取り去った木材を白木と呼んだ。日本の古代建築では,神社や宮殿に白木のヒノキ材が用いられ,その美しい木肌が尊重されたが,一方では樹皮のついたままの木材が選ばれる場合があった。…

※「黒木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒木の関連キーワード原子力戦争 Lost Love鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島同窓会 ラブ・アゲイン症候群リップヴァンウィンクルの花嫁銀行 男たちのサバイバルアンダルシア/女神の報復ブラック・プレジデント愛しすぎなくてよかった愛するために愛されたい福岡県八女市黒木町黒木きのうの敵は今日も敵恋を何年休んでますかひと夏のラブレター福島県相馬市黒木宮崎県宮崎市神宮リング 最終章新潟県佐渡市泉愛と憎しみの河新宿鮫/屍蘭雷ジャクソン

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒木の関連情報