斉明天皇(読み)さいめいてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斉明天皇
さいめいてんのう

[生]推古2(594).大和
[没]斉明7(661).7.24. 筑紫
第 37代の天皇,女帝 (在位 655~661) 。第 35代皇極天皇の重祚。第 34代舒明天皇の皇后。名は天豊財重日足姫尊 (あめのとよたからいかしひたらしひめのみこと) ,諱は宝,敏達天皇の曾孫にあたる。茅渟 (ちぬ) 王の娘,母は吉備姫王。初め高向王にとついで漢皇子を生んだが,のち舒明天皇の皇后となり,中大兄 (のち天智天皇) ,大海人 (のち天武天皇) 両皇子を生んだ。舒明天皇の没後,蘇我氏が古人皇子の即位を企てたが,反蘇我派が台頭して皇極1 (642) 年1月皇極天皇の即位が実現した。最初大和小墾田 (おはりだ) 宮を皇居としたが,翌2年4月大和飛鳥板蓋 (あすかいたぶき) 宮に移った。当時,蘇我入鹿の権力が強く,山背大兄王を斑鳩宮に攻めて自殺させるなど横暴が続いたが,同4年6月中大兄皇子らが蘇我氏を滅ぼすと,天皇は皇位を弟軽皇子 (孝徳天皇) に譲った。孝徳天皇の没後,重祚して斉明天皇となる。女帝は都を飛鳥に復したが,その冬,板蓋宮が炎上したため飛鳥川原宮に遷御し,翌年飛鳥後岡本宮に移った。また,対外問題が困難となったため,斉明4 (658) 年,阿倍比羅夫をつかわして蝦夷を2回,粛慎 (みしはせ) を2回討伐したといわれる。一方,唐,新羅連合軍に攻められた百済の求めに応じ,同7年,百済救援軍を送り,天皇みずから筑紫朝倉に向ったが,救援軍進発の直前,朝倉橘広庭宮で崩御。陵墓は奈良県高市郡高取町の越智崗上陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

斉明天皇

舒明天皇の皇后で、中大兄・大海人両皇子(天智・天武両天皇)の母。642年に皇極天皇として即位し、大化改新で退位。655年に再び即位して斉明天皇に。宮殿や饗宴(きょうえん)施設の建設など飛鳥で相次いで大土木工事を敢行した。661年に遠征先の九州で死去。「小市岡上陵(おちのおかのうえのみささぎ)」に娘の間人皇女(はしひとのひめみこ)と合葬されたとされる。

(2013-05-25 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斉明天皇 さいめいてんのう

594-661 飛鳥(あすか)時代,第37代天皇。在位655-661。
孝徳天皇のあと,皇極(こうぎょく)天皇が重祚(ちょうそ)。中大兄(なかのおおえの)皇子(のち天智天皇)が皇太子として国政にあたる。阿倍比羅夫に蝦夷(えみし)や粛慎(みしはせ)を討たせ,朝鮮半島に百済(くだら)救援軍を派遣する(663年白村江の戦いで敗れる)。斉明天皇7年7月24日遠征中の九州朝倉宮で死去。68歳。墓所は越智崗上陵(おちのおかのえのみささぎ)(奈良県高取町)。⇒皇極天皇

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいめいてんのう【斉明天皇】

594~661) 日本書紀で第三七代天皇(在位655~661)の漢風諡号しごう。第三五代皇極天皇の重祚ちようそ。皇居は飛鳥板蓋宮あすかいたぶきのみや、のち飛鳥岡本宮。百済くだら救援軍を率いて九州に下り、筑紫朝倉宮で病死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斉明天皇
さいめいてんのう
(594―661)

女帝。第35代とされる皇極(こうぎょく)天皇(在位642~645)が重祚(ちょうそ)して第37代とされる斉明天皇(在位655~661)と諡(おくりな)される。名は宝(たから)。和風諡号(しごう)は天豊財重日足姫(あめとよたからいかしひたらしひめ)天皇。茅渟(ちぬ)王の皇女。母は吉備(きび)姫王で、孝徳(こうとく)天皇の同母姉。初め高向(たかむこ)王(用明(ようめい)天皇の孫)との間に漢(あや)皇子を生み、その後に田村(たむら)皇子(舒明(じょめい)天皇)との間に葛城(かずらき)皇子(天智(てんじ)天皇)、間人(はしひと)皇女(孝徳天皇の皇后)、大海人(おおあま)皇子(天武(てんむ)天皇)を生んだ。舒明天皇の即位とともにその皇后にたち、天皇の死のあと即位した(皇極天皇)が、645年(大化1)6月の蘇我(そが)本宗家滅亡事件によって譲位。第36代孝徳天皇の没後、皇祖母尊として在(あ)った飛鳥(あすか)でふたたび即位し、飛鳥川原宮、ついで後飛鳥岡本宮(のちのあすかのおかもとのみや)に移った。その後も大土木事業をおこしたが、とくに石上山(いそのかみやま)に通じる大水渠(すいきょ)を、時人は狂心(たぶれこころ)の渠(みぞ)といったという。斉明女帝の政治は、皇太子中大兄(なかのおおえ)の輔(たす)けを受けて進められたが、有間(ありま)皇子の謀殺事件、東北や粛慎(みしはせ)の蝦夷(えみし)征討をはじめ国内政局は安定せず、国際的には朝鮮関係のうち、とくに対新羅(しらぎ)関係が緊迫した。そして、唐・新羅連合の圧力に苦しむ百済(くだら)の救援要請を受け、660年(斉明天皇6)から百済救援軍派遣の準備を進め、翌年には自身も筑紫(つくし)に出陣し朝倉宮を本営とした。しかし、ここで病となり、7月に没した。陵墓は奈良県高市(たかいち)郡の越智崗上(おちのおかのうえ)陵。[門脇二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の斉明天皇の言及

【皇極天皇】より

…後に重祚して斉明天皇。第35代,第37代に数えられる天皇。…

【神功皇后】より

…仲哀天皇の妃で記紀の新羅遠征説話の主人公,また応神天皇の母とされる。別名,気長足姫(おきながたらしひめ)尊(記では息長帯比売命)。
[神功皇后伝説の大要]
 熊襲(くまそ)を撃つため筑紫に赴いた仲哀天皇は,海のかなたの宝の国を授けようという神託を得る。この神言は武内宿禰(たけうちのすくね)が請い,神がかりした神功皇后を通じて告げられた。その宝の国とは先進文明に輝く朝鮮半島諸国のことであったが,これを信じなかった仲哀天皇は急死する。…

※「斉明天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斉明天皇の関連情報