木の芽焼き(読み)きのめやき

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「木の芽焼き」の解説

きのめやき【木の芽焼き】

木の芽(さんしょうの若葉)を用いた焼き物包丁で細かくたたいた木のを、たれに加えて照り焼きにしたもの、立てた卵白に加え、塩焼きにしたに塗って軽くあぶったもの、木の芽みそを塗って焼いたものなどがある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android