コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下常太郎 きのした つねたろう

1件 の用語解説(木下常太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下常太郎 きのした-つねたろう

1907-1986 昭和時代の評論家。
明治40年11月16日生まれ。昭和初期から「三田文学」「詩と詩論」などにおおくの詩論や海外情報を発表。戦後は「詩学」などに詩人論などをかく。昭和29年村野四郎との共著「現代の詩論」を刊行。D.H.ロレンス「処女とジプシー」,エズラ=パウンド「文学精神の源泉」などの翻訳もある。昭和61年12月6日死去。79歳。東京出身。慶大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木下常太郎の関連キーワード三原山複成片麻岩内褶曲新派劇同和事業早川純一西畑まどかあんみつ姫横浜事件オスメーニャエンデ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone