コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下常太郎 きのした つねたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下常太郎 きのした-つねたろう

1907-1986 昭和時代の評論家。
明治40年11月16日生まれ。昭和初期から「三田文学」「詩と詩論」などにおおくの詩論や海外情報を発表。戦後は「詩学」などに詩人論などをかく。昭和29年村野四郎との共著「現代の詩論」を刊行。D.H.ロレンス「処女とジプシー」,エズラ=パウンド「文学精神の源泉」などの翻訳もある。昭和61年12月6日死去。79歳。東京出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木下常太郎の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門ジャーマン今西祐行灰谷健次郎日本郵便制度史(年表)アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android