木下闇(読み)コシタヤミ

大辞林 第三版の解説

こしたやみ【木下闇】

木の枝葉が茂って日光が遮られたため、樹下がほの暗いこと。また、その所。下闇。このしたやみ。 [季] 夏。 《 須磨寺や吹ぬ笛きく- /芭蕉 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こした‐やみ【木下闇】

〘名〙 (「こじたやみ」とも) =このしたやみ(木下闇)《季・夏》
俳諧小文(1690‐91頃)「須磨寺やふかぬ笛きく木下やみ」

このした‐やみ【木下闇】

〘名〙 枝葉の繁茂して、木陰が暗いこと。また、そのところ。こしたやみ。《季・夏》
※貫之集(945頃)一「五月山このしたやみにともす火は鹿の立ちどのしるべなりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android