コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木偶回し でくまわし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

でこまわし【木偶回し】


徳島郷土料理田楽一種里芋じゃがいもこんにゃく豆腐などを串に刺し、みそだれをぬって炭火で焼いたもの。◇焦がさないようにくるくる回す様子を、徳島の伝統芸能・人形浄瑠璃木偶(でこ)(人形)の使い手の手の動きにたとえていう。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の木偶回しの言及

【でこまわし】より

…人形遣いの一種で,胸に箱をつり,その中の人形をまわしてみせる門付(かどづけ)の祝福芸能者。木偶(でく)回し,箱まわし,山猫まわし,首掛人形などとも称する。室町時代末期には夷舁き(えびすかき)と呼ばれる場合が多く,主要芸能は人形による猿楽能や夷舞であったが,その遣う人形をデクノボウ,でくる坊,どうこの坊などと呼んだことから,江戸時代には〈でこまわし〉〈木偶回し〉と俗称された。…

※「木偶回し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

木偶回しの関連キーワードでこまわし

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android