コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木原楯臣 きはら たておみ

2件 の用語解説(木原楯臣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原楯臣 きはら-たておみ

1805-1868 江戸時代後期の有職(ゆうそく)家,国学者。
文化2年生まれ。肥後熊本藩士。長瀬真幸(まさき),林桜園に国学,和歌をまなび,武芸や武家故実にも通じる。遺跡にも関心をよせ,肥後阿蘇郡(あそぐん)平井古墳の発掘調査記録をのこした。慶応4年7月8日死去。64歳。初名は真足。通称は楯太。号は藤園。著作に「古兵器図解」「楯臣直垂(ひたたれ)考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木原楯臣

没年:慶応4.7.8(1868.8.25)
生年:文化2(1805)
江戸後期の有職故実家。名は初め真足。通称は初め英太,のち楯太。藤園と号す。肥後熊本藩士。幼少から剣術,馬術,軍学,犬追物などを学び,その奥義をきわめたという。同藩の長瀬真幸,林桜園に従って皇朝学および歌学を修め,敬神尊王の説を唱え,特に有職故実の学に精通した。群書を博捜するにとどまらず,自ら実物を擬作するという徹底ぶりで,著書に『古兵器図解』『楯臣直垂考』などがある。藩主の命により江戸に出ること数次,伴信友と最も親しく,信友は随筆『比古婆衣』で楯臣の説を多く採用している。

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木原楯臣の関連キーワード速水房常石野広道西村正邦武家名目抄北山抄有職故実故実家裏松固禅大塚蒼梧松岡行義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone