コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木原老谷 きはら ろうこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原老谷 きはら-ろうこく

1824-1883 幕末-明治時代の儒者,教育者。
文政7年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩士。はじめ藤森弘庵に,のち昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。文久3年藩校郁文館の分館采藻(さいそう)館の学監となった。詩文約1100編をのこし,うち86編が「老谷遺稿」におさめられている。明治16年5月27日死去。60歳。名は元礼(もとなり)。字(あざな)は節夫(せつゆう)。通称は雄吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木原老谷の関連キーワード明治時代木原雄吉教育者儒者

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android