コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木原老谷 きはら ろうこく

1件 の用語解説(木原老谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原老谷 きはら-ろうこく

1824-1883 幕末-明治時代の儒者,教育者。
文政7年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩士。はじめ藤森弘庵に,のち昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。文久3年藩校郁文館の分館采藻(さいそう)館の学監となった。詩文約1100編をのこし,うち86編が「老谷遺稿」におさめられている。明治16年5月27日死去。60歳。名は元礼(もとなり)。字(あざな)は節夫(せつゆう)。通称は雄吉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木原老谷の関連キーワードアルマン条約電気事業ルイ浅田育輝ビルマ戦争ビルマ戦争ゴヤ(年譜)徳川慶勝アーリアサマージ徳川慶勝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone