コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木崎千左衛門 きのさき せんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木崎千左衛門 きのさき-せんざえもん

?-? 幕末-明治時代の陶工。
京都の永楽和全(えいらく-わぜん)が,慶応2年(1866)加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩にまねかれて山代(やましろ)窯(加賀市)で九谷(くたに)焼の改良を指導したとき,金襴手(きんらんで)と赤絵の技法を伝授された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木崎千左衛門の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android