加賀市(読み)かが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加賀〔市〕
かが

石川県南西部,金沢平野南端の江沼盆地を中心とする市。大日山の北西斜面を占め,南西で福井県に接する。1958年大聖寺町,山代町,片山津町,動橋町,橋立町の 5町,三木村,三谷村,南郷村,塩屋村の 4村が合体して市制。2005年山中町と合体。市名は旧国名による。北西は日本海に面し,海岸線に沿って砂丘台地,その内側に平野が広がる。東部,南部は山林が大部分を占める。中心市街地の大聖寺は大聖寺川に臨み,江戸時代から軍事上,交通上の要地。農業は米作が中心。機械工業も盛んで,特にチェーン製造は全国的に有名。伝統の加賀羽二重を中心に絹,人絹,合成繊維を生産。九谷焼山中塗,木彫人形,瓦などの伝統産業も盛ん。近年ではみやげ用菓子製造をはじめとした観光産業に力が注がれている。加賀温泉郷に含まれる片山津温泉山代温泉山中温泉がある。海岸一帯は越前加賀海岸国定公園に属し,原生林の鹿島の森,篠原のキンメイチクは国指定天然記念物,ガンカモ類の越冬地として知られる片野鴨池ラムサール条約登録湿地。文化財も多く,江沼神社長流亭,薬王院五輪塔などは国指定重要文化財。法皇山横穴古墳,狐山古墳,九谷磁器窯跡(→古九谷古窯址)は国の史跡に,栢野(かやの)の大スギ,八幡神社の大スギは国の天然記念物に指定。大日山の付近一帯は山中・大日山県立自然公園に属する。北陸自動車道,JR北陸本線,国道8号線,305号線,364号線が通る。面積 305.87km2。人口 6万7186(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

加賀市の関連情報