コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸 孝允 キド タカヨシ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

木戸 孝允
キド タカヨシ


肩書
参議

別名
通称=桂 小五郎(カツラ コゴロウ) 別名=貫治 準一郎 号=松菊 変名=新堀 松輔

生年月日
天保4年6月26日(1833年)

出生地
長門国萩呉服町(山口県萩市)

経歴
吉田松陰に師事した後、江戸で斎藤弥九郎に剣術を、江川太郎左衛門に砲術を学ぶ。帰郷後有備館舎長をつとめ、長州藩の志士の指導者となり、京都に出て久坂玄瑞・高杉晋作らと共に藩論を倒幕に統一。慶応元年大村益次郎を登用して長州藩の軍制を改革、翌年には坂本龍馬の斡旋により、西郷隆盛・大久保利通らと薩長同盟の密約を結ぶ。維新後は新政府の中枢に参画、五箇条の誓文起草、廃藩置県の提唱など多方面に活躍。明治3年参議となり、4年岩倉遣外使節団副使として西欧を視察して内政整備の必要を痛感、以降征韓論を改め台湾出兵に反対して7年下野するなど開明的絶対主義を貫いた。8年には大阪会議を開いて、大審院・元老院の設置など立憲制の方針を定めた。同年第1回地方官会議議長。9年病で参議を退任、西南戦争の最中に病歿。著書に「木戸孝允日記」(全3巻)、「木戸孝允文書」(全8巻)がある。

没年月日
明治10年5月26日

家族
父=和田 昌景(長州藩医) 養父=桂 九郎兵衛(長州藩士) 孫=木戸 幸一(内大臣)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

木戸 孝允の関連キーワード三傑(明治維新の三傑)薩長同盟(薩長盟約)山口県萩市呉服町明治6年の政変新町屑糸紡績所今井太郎右衛門木戸孝允旧宅維新の三傑健仁寺梧庵岩倉使節団小美田隆美多々良孝平奥原節女伊藤博文薩長連合新聞雑誌大関俊徳西島青浦木戸松子木戸幸一

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木戸 孝允の関連情報