木暮 武太夫(読み)コグレ ブダユウ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の政治家 参院議員(自民党);運輸相。



生年
明治26(1893)年2月17日

没年
昭和42(1967)年7月10日

出生地
群馬県伊香保町

別名
旧名=正一

学歴〔年〕
慶応義塾大学理財科〔大正6年〕

経歴
三井銀行に勤め伊香保町会議員を経て大正13年衆院議員に当選、以来当選8回。第1次近衛文麿内閣幣原喜重郎内閣の商工政務次官、自由党政務調査会長、自民党群馬県連会長。昭和31年群馬地方区参院議員となり当選2回。参院予算委員長、第2次池田勇人内閣の運輸相。他に伊香保自動車取締役、群馬大同銀行会長、関東いすゞ自動車販売社長などを歴任

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
衆院議員(立憲政友会)

旧名・旧姓
旧名=秀一

生年月日
安政7年2月(1860年)

出身地
上野国(群馬県)

学歴
慶応義塾

経歴
町議、郡議、群馬県議を経て、明治23年第1回帝国議会以来、衆院議員を7期務める。また農工銀行、伊香保鉱泉場の取締役となった。

没年月日
大正15年3月25日

家族
息子=木暮 武太夫(運輸相)


肩書
参院議員(自民党),運輸相

別名
旧名=正一

生年月日
明治26年2月17日

出生地
群馬県伊香保町

学歴
慶応義塾大学理財科〔大正6年〕卒

経歴
三井銀行に勤め伊香保町会議員を経て大正13年衆院議員に当選、以来当選8回。第1次近衛文麿内閣、幣原喜重郎内閣の商工政務次官、自由党政務調査会長、自民党群馬県連会長。昭和31年群馬地方区参院議員となり当選2回。参院予算委員長、第2次池田勇人内閣の運輸相。他に伊香保自動車取締役、群馬大同銀行会長、関東いすゞ自動車販売社長などを歴任。

没年月日
昭和42年7月10日

家族
父=木暮 武太夫(衆院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木暮 武太夫の関連情報