コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村喜毅 きむらよしたけ

2件 の用語解説(木村喜毅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村喜毅
きむらよしたけ

「木村芥舟 (きむらかいしゅう)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村喜毅
きむらよしたけ
(1830―1901)

幕末期の幕臣。文政(ぶんせい)13年2月5日江戸に生まれる。1842年(天保13)浜奉行(ぶぎょう)見習。56年(安政3)本丸目付。同年長崎表取締として同地に赴き、翌年海軍伝習生監督となり、59年2月帰府。同年11月軍艦奉行に昇進。従(じゅ)五位下、摂津守(せっつのかみ)に叙任された。60年(万延1)1月遣米使節を送って咸臨(かんりん)丸に乗り、勝海舟(かつかいしゅう)らとアメリカへ航海、帰途ハワイに寄り5月帰国。63年9月辞職。政情の変動とともに浮沈、転任があったが、66年(慶応2)7月ふたたび軍艦奉行並、ついで翌年軍艦奉行となった。幕府海軍建設の功労者である。明治以後は芥舟(かいしゅう)と号して詩文、著述の生活を送り、『三十年史』を著し、戸川残花(ざんか)らと雑誌『旧幕府』を刊行した。明治34年12月9日没。[佐々木克]
『慶応義塾図書館編『木村摂津守喜毅日記』(1977・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone