木村喜毅(読み)きむらよしたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村喜毅
きむらよしたけ
(1830―1901)

幕末期の幕臣。文政(ぶんせい)13年2月5日江戸に生まれる。1842年(天保13)浜奉行(ぶぎょう)見習。56年(安政3)本丸目付。同年長崎表取締として同地に赴き、翌年海軍伝習生監督となり、59年2月帰府。同年11月軍艦奉行に昇進。従(じゅ)五位下、摂津守(せっつのかみ)に叙任された。60年(万延1)1月遣米使節を送って咸臨(かんりん)丸に乗り、勝海舟(かつかいしゅう)らとアメリカへ航海、帰途ハワイに寄り5月帰国。63年9月辞職。政情の変動とともに浮沈、転任があったが、66年(慶応2)7月ふたたび軍艦奉行並、ついで翌年軍艦奉行となった。幕府海軍建設の功労者である。明治以後は芥舟(かいしゅう)と号して詩文、著述の生活を送り、『三十年史』を著し、戸川残花(ざんか)らと雑誌『旧幕府』を刊行した。明治34年12月9日没。[佐々木克]
『慶応義塾図書館編『木村摂津守喜毅日記』(1977・塙書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android