軍艦奉行(読み)ぐんかんぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍艦奉行
ぐんかんぶぎょう

幕末における江戸幕府職名安政6 (1859) 年2月に設置された。海防の目的で軍艦の製造,操練を司る職務で,初め若年寄,のち老中支配,慶応2 (66) 年には海軍総裁配下に立った。初代奉行永井尚志以来,勝義邦 (海舟) ,小栗忠順ら要人が歴任している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

軍艦奉行【ぐんかんぶぎょう】

江戸幕府の役職。1859年に設置され,幕府海軍を統轄し,軍艦操練所も管掌。のち軍艦奉行並も置かれた。初代は長崎海軍伝習所を管理していた永井尚志(なおむね)が就任。場所高2000石,のち3000石,席次は外国奉行の次。初め若年寄,のち老中支配。幕府の軍制改革後は軍艦奉行の上に海軍奉行海軍総裁を置いた。
→関連項目勝海舟陸軍総裁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんかんぶぎょう【軍艦奉行】

江戸末期,幕府海軍最初の専任長官。1859年(安政6)2月,場所高2000石,諸大夫場として設けられ,初代永井尚志(なおむね)以来16名が就任した。同年9月設置の軍艦奉行並(高1000石,布衣場。初代木村喜毅)とともに,軍艦操練所を管理し,61年(文久1)7月の軍艦頭取(船将)と軍艦組(士官)の新設後はその統督も任とした。67年(慶応3)1月に3000石場に昇格した。【三谷 博】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんかんぶぎょう【軍艦奉行】

1859年、海軍軍備強化のため設置された幕府の職名。初め若年寄の支配下にあって、軍艦の購入・建造・操練技術などをつかさどった。のち老中支配。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍艦奉行
ぐんかんぶぎょう

幕末期、江戸幕府の軍制改革で設置された職名。幕府海軍強化のため1859年(安政6)2月設置。軍艦の購入・建造・操練技術などをつかさどり、62年(文久2)の軍制改革案では、陸軍奉行に次ぐ第7位に置かれている。初めは若年寄支配、66年(慶応2)海軍総裁設置以後はその支配下にあった。役高は2000石(のち3000石)、初代は永井尚志(なおゆき)(「なおむね」とも読む)が外国奉行より任じられ、以後延べ15名(再任を含む)が任命されており、そのなかには水野忠徳(ただのり)・井上清直(きよなお)、木村喜毅(よしたけ)(芥舟(かいしゅう))、勝義邦(よしくに)(海舟)、小栗忠順(おぐりただまさ)らの名をみいだすことができる。[田中 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android