軍艦奉行(読み)ぐんかんぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍艦奉行
ぐんかんぶぎょう

幕末における江戸幕府職名安政6 (1859) 年2月に設置された。海防の目的で軍艦の製造,操練を司る職務で,初め若年寄,のち老中支配,慶応2 (66) 年には海軍総裁配下に立った。初代奉行永井尚志以来,勝義邦 (海舟) ,小栗忠順ら要人が歴任している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

軍艦奉行【ぐんかんぶぎょう】

江戸幕府の役職。1859年に設置され,幕府海軍を統轄し,軍艦操練所も管掌。のち軍艦奉行並も置かれた。初代は長崎海軍伝習所を管理していた永井尚志(なおむね)が就任。場所高2000石,のち3000石,席次は外国奉行の次。初め若年寄,のち老中支配。幕府の軍制改革後は軍艦奉行の上に海軍奉行海軍総裁を置いた。
→関連項目勝海舟陸軍総裁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんかんぶぎょう【軍艦奉行】

江戸末期,幕府海軍最初の専任長官。1859年(安政6)2月,場所高2000石,諸大夫場として設けられ,初代永井尚志(なおむね)以来16名が就任した。同年9月設置の軍艦奉行並(高1000石,布衣場。初代木村喜毅)とともに,軍艦操練所を管理し,61年(文久1)7月の軍艦頭取(船将)と軍艦組(士官)の新設後はその統督も任とした。67年(慶応3)1月に3000石場に昇格した。【三谷 博】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんかんぶぎょう【軍艦奉行】

1859年、海軍軍備強化のため設置された幕府の職名。初め若年寄の支配下にあって、軍艦の購入・建造・操練技術などをつかさどった。のち老中支配。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍艦奉行
ぐんかんぶぎょう

幕末期、江戸幕府の軍制改革で設置された職名。幕府海軍強化のため1859年(安政6)2月設置。軍艦の購入・建造・操練技術などをつかさどり、62年(文久2)の軍制改革案では、陸軍奉行に次ぐ第7位に置かれている。初めは若年寄支配、66年(慶応2)海軍総裁設置以後はその支配下にあった。役高は2000石(のち3000石)、初代は永井尚志(なおゆき)(「なおむね」とも読む)が外国奉行より任じられ、以後延べ15名(再任を含む)が任命されており、そのなかには水野忠徳(ただのり)・井上清直(きよなお)、木村喜毅(よしたけ)(芥舟(かいしゅう))、勝義邦(よしくに)(海舟)、小栗忠順(おぐりただまさ)らの名をみいだすことができる。[田中 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐんかん‐ぶぎょう ‥ブギャウ【軍艦奉行】

〘名〙 江戸幕府の職名。安政六年(一八五九)二月設置。はじめ若年寄支配、高二千石、のち老中支配、高三千石。軍艦の操練、艦船の製造などをつかさどるとともに、海軍分隊を指揮した。
※禁令考‐前集・第六・巻五三・文久元年(1861)七月三日「右英国軍艦え、外国奉行、御軍艦奉行、御目付支配向之もの共為乗組」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android