コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村庄之助(20代) きむら しょうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村庄之助(20代) きむら-しょうのすけ

1876-1940 明治-昭和時代前期の相撲行司。
明治9年12月3日生まれ。8代式守伊之助に入門。15代式守伊之助をへて昭和7年20代をつぐ。玉錦(たまにしき)・双葉山全盛時代の名行司とうたわれ,11年庄之助の尊称「松翁(しょうおう)」をゆるされた。昭和15年3月9日死去。65歳。栃木県出身。本名は後藤子之吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村庄之助(20代)の関連キーワードアフリカ文学新体制運動秋月の乱スラブ音楽三井財閥ウォルシュベビン杉原千畝喜劇映画中南米映画

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone