コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木枯し

デジタル大辞泉プラスの解説

木枯し

ポーランド生まれの作曲家フレデリック・ショパンのピアノ曲。『12の練習曲(作品25)』(1832-36)の第11番を指す。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木枯し
こがらし

冬の初め、木の葉を払い落としながら吹く冷たい強い風。木を枯れ木のようにみせてしまう風であり、気圧配置が西高東低型になったときに吹く北風である。木枯しは冬の季節風のはしりであるが、真冬の季節風のように何日も吹き続けることはめったにない。木枯しの翌日は穏やかな好天となり、小春日和(こはるびより)の感じになることが多い。俳諧(はいかい)では初冬の季語。[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木枯しの言及

【風】より

…都(京都)より下るのに好都合な夏の季節風を意味する。 こがらし(凩,木枯し)晩秋から初冬にかけての大陸からの季節風のはしり。木の葉を吹き落として枯木のようにする風。…

【日本列島】より

…気温が下がって雨が雪に変わると〈雪しぐれ〉と呼ぶ地方がある。 木枯し初冬のころに吹く北または西よりの強い風のことで,気象上は冬の季節風である。木あらしから転じた言葉とも,また木を吹き枯らす意からの言葉ともいわれる。…

※「木枯し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木枯しの関連キーワード帰って来た木枯し紋次郎群馬県太田市藪塚町だれかが風の中で群馬県太田市木枯し紋次郎小田部 通麿大崎由利子中村 英子笹沢 左保芥川 隆行安田 公義曽野綾子村木 忍季節の風樫山文枝大洲 斉中村敦夫服部ケイ伊藤咲子笹沢左保

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木枯しの関連情報