コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木枯し

2件 の用語解説(木枯しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

木枯し

ポーランド生まれの作曲家フレデリックショパンピアノ曲。原題《Winter Wind》。『12の練習曲(作品25)』(1832-36)の第11番を指す。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木枯し
こがらし

冬の初め、木の葉を払い落としながら吹く冷たい強い風。木を枯れ木のようにみせてしまう風であり、気圧配置西高東低型になったときに吹く北風である。木枯しは冬の季節風のはしりであるが、真冬の季節風のように何日も吹き続けることはめったにない。木枯しの翌日は穏やかな好天となり、小春日和(こはるびより)の感じになることが多い。俳諧(はいかい)では初冬の季語。[平塚和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木枯しの言及

【風】より

…都(京都)より下るのに好都合な夏の季節風を意味する。 こがらし(凩,木枯し)晩秋から初冬にかけての大陸からの季節風のはしり。木の葉を吹き落として枯木のようにする風。…

【日本列島】より

…気温が下がって雨が雪に変わると〈雪しぐれ〉と呼ぶ地方がある。 木枯し初冬のころに吹く北または西よりの強い風のことで,気象上は冬の季節風である。木あらしから転じた言葉とも,また木を吹き枯らす意からの言葉ともいわれる。…

※「木枯し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木枯しの関連キーワード黒鍵フレデリック大王雨だれ英雄ポロネーズ軍隊ポロネーズ幻想ポロネーズ小犬のワルツ12の練習曲24の前奏曲別れの曲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木枯しの関連情報