コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木枯し

デジタル大辞泉プラスの解説

木枯し

ポーランド生まれの作曲家フレデリック・ショパンのピアノ曲。『12の練習曲(作品25)』(1832-36)の第11番を指す。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木枯し
こがらし

冬の初め、木の葉を払い落としながら吹く冷たい強い風。木を枯れ木のようにみせてしまう風であり、気圧配置が西高東低型になったときに吹く北風である。木枯しは冬の季節風のはしりであるが、真冬の季節風のように何日も吹き続けることはめったにない。木枯しの翌日は穏やかな好天となり、小春日和(こはるびより)の感じになることが多い。俳諧(はいかい)では初冬の季語。[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木枯しの言及

【風】より

…都(京都)より下るのに好都合な夏の季節風を意味する。 こがらし(凩,木枯し)晩秋から初冬にかけての大陸からの季節風のはしり。木の葉を吹き落として枯木のようにする風。…

【日本列島】より

…気温が下がって雨が雪に変わると〈雪しぐれ〉と呼ぶ地方がある。 木枯し初冬のころに吹く北または西よりの強い風のことで,気象上は冬の季節風である。木あらしから転じた言葉とも,また木を吹き枯らす意からの言葉ともいわれる。…

※「木枯し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木枯しの関連情報