西高東低型(読み)セイコウトウテイガタ

百科事典マイペディアの解説

西高東低型【せいこうとうていがた】

冬型とも。日本を中心としてみた場合,西の方から高気圧が張り出し,東の方には低気圧がある気圧配置で,冬に多い。概して北西風が強く,日本海側は天気が悪く,太平洋側は晴天乾燥で,気温の下がることが多い。
→関連項目天気図型

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せいこうとうていがた【西高東低型】

日本付近の気圧配置型の一。気圧が、西方の大陸方面で高く、東方の洋上で低くなっている。冬期に顕著で、日本海側の各地に季節風による降雪をもたらす。太平洋側では乾燥した晴天が続く。 ⇔ 東高西低型

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の西高東低型の言及

【日本列島】より


[四季の天気図]
 四季の代表的な天気図の型(気圧配置)を通じて,季節の天気の移り変りを述べよう。(1)西高東低型(冬型) 大陸に高気圧があって千島近海に発達した低気圧がある型で,冬型とも呼ぶ。この気圧配置は持続性が強く,1週間以上も続くことがある。…

※「西高東低型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android