木管(読み)モッカン

大辞林 第三版の解説

もっかん【木管】

木でつくった管。木製のパイプ。
「木管楽器」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もっ‐かん モククヮン【木管】

〘名〙
で作った
※血を吐く(1925)〈葛西善蔵〉「木管でひいてる硫黄泉の」
紡績機械を巻き取るのに使う管。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉六「木管を一本床の上へおとしたといってバケツに水を入れたのを持って立たせられ」
※落語・阿七(1890)〈三代目三遊亭円遊〉「或ひは琴、胡弓、能管、木管、篠と云ふので御座いまして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木管の関連情報