コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木藤才蔵 きどう さいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木藤才蔵 きどう-さいぞう

1915- 昭和-平成時代の国文学者。
大正4年3月29日台湾台北生まれ。佐賀大助教授をへて,昭和40年日本女子大教授。中世文学を専門とし,南北朝-戦国時代連歌の研究で知られる。「連歌史論考」で49年学士院賞。東京帝大卒。著作に「二条良基の研究」「天城山房雑記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木藤才蔵の関連キーワード救済(きゅうせい、連歌師)ささめごと応安新式高山宗砌連理秘抄里村昌休筑波問答菟玖波集坂十仏谷宗養心敬増鏡肖柏宗長周阿梵灯兼載

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android