木藤才蔵(読み)きどう さいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木藤才蔵 きどう-さいぞう

1915- 昭和-平成時代の国文学者。
大正4年3月29日台湾台北生まれ。佐賀大助教授をへて,昭和40年日本女子大教授。中世文学を専門とし,南北朝-戦国時代連歌の研究で知られる。「連歌史論考」で49年学士院賞。東京帝大卒。著作に「二条良基の研究」「天城山房雑記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android