未来派美術協会(読み)みらいはびじゅつきょうかい

百科事典マイペディアの解説

未来派美術協会【みらいはびじゅつきょうかい】

大正時代の美術団体。1920年木下秀一郎普門暁らによって結成された新興美術グループ。第3回より二科に対抗する意味で〈三科インデペンデント〉と称する。後に村山知義らの〈マヴォ〉や〈単位三科〉等に分派集散していった。日本における近代アバンギャルドの出発点にある団体といえる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android