コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末灯鈔 まっとうしょう

1件 の用語解説(末灯鈔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まっとうしょう【末灯鈔】

親鸞の書簡集。親鸞は東国20年の布教を中止して1234年(文暦1)ころ京都に帰った。以後はおもに書簡を交換して門弟との連絡を密にした。親鸞の曾孫覚如の次男従覚(慈俊)が1333年(元弘3)4月,諸国に散在する親鸞の書簡や短編の法語22通を集め,2巻に整理したのが本書である。親鸞の書簡集としては,早くは門弟の常陸国飯沼の善性が編集した《御消息集》があり,その後,下野国高田の顕智は《五巻書》を編し,下総国の横曾根門徒は《血脈文集》を作り,なお編者未詳の《親鸞聖人御消息集》(愛知県妙源寺所蔵)があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

末灯鈔の関連キーワード覚如上人御取越覚如歎異抄西念寺小説親鸞顕智性信先啓玉日

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone