コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末灯鈔 まっとうしょう

世界大百科事典 第2版の解説

まっとうしょう【末灯鈔】

親鸞書簡集。親鸞は東国20年の布教を中止して1234年(文暦1)ころ京都に帰った。以後はおもに書簡を交換して門弟との連絡を密にした。親鸞の曾孫覚如の次男従覚(慈俊)が1333年(元弘3)4月,諸国に散在する親鸞の書簡や短編の法語22通を集め,2巻に整理したのが本書である。親鸞の書簡集としては,早くは門弟の常陸国飯沼の善性が編集した《御消息集》があり,その後,下野国高田の顕智は《五巻書》を編し,下総国の横曾根門徒は《血脈文集》を作り,なお編者未詳の《親鸞聖人御消息集》(愛知県妙源寺所蔵)があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

末灯鈔の関連キーワード生死無常御許