コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本地身説法 ほんじしんせっぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本地身説法
ほんじしんせっぽう

新義真言宗の加持身説法説に対して古義真言宗では,本来言説も姿もないはずの,唯一絶対の実在であるところの大日如来法身 (自性身) は,一切万象の根本的根拠 (本地) であるが,それがそのまま胎蔵界曼荼羅中尊 (本地身) として説法をするとする。密教の教主大日如来の本質や性格に関する議論 (教主義) は大別してこの本地身説法説と加持身説法説の2つがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

本地身説法の関連キーワード新義真言宗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android