万象(読み)ばんしょう

精選版 日本国語大辞典「万象」の解説

ばん‐しょう ‥シャウ【万象】

〘名〙 さまざまの。あらゆる事物・現象。まんぞう。
※閻浮集(1366頃)悼雪村和尚「毘嵐吹倒法幢摧、万象森羅尽挙哀」
※集義和書(1676頃)「鏡の虚明にして一物なきが、よく万象をうつすがごとし」 〔孫綽‐天台山賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「万象」の解説

ばん‐しょう〔‐シヤウ〕【万象】

さまざまの形。形あるすべてのもの。「森羅万象
「暮色は今しも—を包去ろうとする」〈柳浪・骨ぬすみ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の万象の言及

【多肉植物】より

…最も特異な形状の一つに,葉の一部が半透明のレンズ様に変化したレンズ植物,あるいは窓植物と呼ばれる種類がある。その代表種にはコショウ科のペペロミア・ルンネラPeperomia lunnella,ザクロソウ科の五十鈴玉(いすずぎよく)Fenestraria aurantiaca N.E.Br.,ユリ科の玉扇(たまおうぎ)Haworthia truncata Schönl.や万象(まんぞう)H.manghanii Poeln.などがある。五十鈴玉の生えている岩場はしばしば砂嵐が起こり,小さい五十鈴玉は砂に埋もれてしまう。…

※「万象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android