本堅地(読み)ほんかたじ

大辞林 第三版の解説

ほんかたじ【本堅地】

漆器の下地の一。砥粉とのこなどの粉末を練り合わせ、粘土のようにしたものに生漆を混ぜて塗った堅牢なもの。また、そのように塗った漆器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐かたじ ‥かたヂ【本堅地】

〘名〙 漆器の下地の一種。布着(ぬのきせ)や漆を用いた下地を施して、本格的な技法を行なった堅牢な作りのもの。比喩的に、非常に堅いこと、堅くはがれないことの意にいう。
洒落本・恵比良濃梅(1801)四「漆をもってかためたる、本(ホン)かた地(ヂ)の恋中なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android