本多光忠(読み)ほんだ みつただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多光忠 ほんだ-みつただ

?-? 戦国-織豊時代の武将。
本多正忠の孫。本多忠俊の長男。徳川家康の臣。桶狭間(おけはざま)の戦いではしんがりをつとめ,織田信長軍から家康をまもる。永禄(えいろく)6年(1563)三河一向一揆(いっき)の制圧に功をたて,三河池尻の地をあたえられた。通称は修理亮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android