コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桶狭間 おけはざま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桶狭間
おけはざま

愛知県名古屋の南東,豊明市にある古戦場名。開析谷の多い知多丘陵上にある。永禄3 (1560) 年織田信長今川義元との激戦場。北方の田楽狭間で信長は奇襲により義元を討ち取り,急速に勢力を伸ばした。正確な場所には諸説があり,市内の栄町南館と前後町仙人塚付近が伝説地として 1947年国に史跡指定された。現在付近一帯は宅地化が著しく,戦場跡も公園となっている。名古屋鉄道名古屋本線が通じ,名古屋市有松駅付近に今川義元戦死地の碑がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

桶狭間の関連キーワード桶狭間古戦場伝説地愛知県豊明市栄町木下蔭狭間合戦愛知県豊明市井伊次郎法師JBイレブン佐久間信辰池野浪之助大久保忠勝加藤弥三郎おけわんこ豊明(市)桶狭間の戦井伊直虎池田恒興岡部長教水野信元井伊直親戸田重貞服部一忠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桶狭間の関連情報